--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/26/2006    今期のテレビドラマ
結局スキマのツアーチケットが取れず
オークションをさまよい歩く日々。
それでも何とか入手しました~。
良かった(T-T)かなりステージ遠いけど。

さて、最近私の中でアツイのが
大河ドラマ「功名が辻」でございます。
仲間由紀恵はかわいいし、
今回は脇役がしっかりしてるって感じがして、
見ていて安心感があります。
物語も、ラブストーリーの要素が強いみたいなので、
堅苦しくなくて見やすいし。
久々に一年を通して見られそうな大河ドラマです。

時効警察」も、なかなか面白いんだけど、
(たまにあのノリについていけない)
時間帯がちょっと遅いのがいただけない。
でもオダジョーかっこいいから許す☆

そういえば、近頃は新しいドラマが始まると
初回は2時間拡大スペシャルとかやっちゃってますけど、
私はどうもあれが好きになれません。
初回なんて、まだその番組が海のものとも山のものともつかない
(自分の好みに合うかどうか分からない)のに2時間も観ろと?
新番組で力入るのはわかるけどさぁ・・・。
イマイチ納得できない今日この頃です。
スポンサーサイト
去年ツアーに行って以来、
スキマ熱(?)が急上昇中な私。
紅白も無事終わって良かった良かった。
(しかし、あの「全力」白タイツの子どもたちって・・・)
久しぶりに紅白を通しで見てしまいましたよ。
仲間由紀恵はかわいいなぁ。
そうそう、グループ魂、よかったっすね!

アルバム2タイトルの初回限定版が
期間限定で再発売されるというのでお買い上げ。
それぞれにPVとインタビューが収録されているDVD付きです。
これはお得ですな。
夏雲ノイズ(初回)
「夏雲ノイズ」

空創クリップ (初回生産限定盤DVD付)
「空創クリップ」

それから、ミニアルバム「君の話」
君の話
テンポいいのに切ない「メロドラマ」が好きです。

そういえば「雨待ち風」の初回盤にも
DVDが付いてたよなーと思ってコレも。
雨待ち風 (初回生産限定盤DVD付)
「青春ナイト」かわいいなぁ。今更ながら、共学って羨ましい。
特典映像では、個人的には最後に入っている
シンタくんがセブンロッジを語るコーナーが好き(笑)


さらに、「別冊スキマスイッチ」も買ってしまいました。
別冊スキマスイッチ

元々「アルバムに付いてるDVDにPV収録されてるんだから
クリップ集改めて買う必要ないんじゃないのー?」と
思ったりもしてたんですが、
副音声で、スキマの二人によるPV解説が聞けるというじゃないですか。
これは聞かねば・・・ということで予定外の出費。
解説、けっこう面白いです。
(でも副音声入れるときは、
もう少し歌の方のボリューム下げるとかできないのかな?できるの?)
王道のミュージッククリップな作りで、
大橋くんのアイドルショットがステキな「全力少年」と
オチが楽しい「飲みにこないか」のクリップが好みです^^

そうそう、
「WHAT's IN?」に連載中「隙間産業」のインターネット事業部にて、
1月号分の業務が動画で見れます☆
こんなふうに歌ってできるんだ~、と感心しきりです。
できあがった歌もイイ感じ。フツーに使えるよ、コレ。

さて、スキマの今年の第一弾シングルは
なんと!「ドラえもん のび太の恐竜2006」の主題歌だそうです。
(スキマの二人、映画の公式サイトの写真も、相変わらずいい笑顔だわ)
しかも声優としても出演するとか???
映画のほうは、「のび太の恐竜」のリメイクなんでしょうか。
ピー助懐かしいなぁ。
しかし、いい歳した女が一人でドラえもん観に
映画館に乗り込むってのも、ちょっと勇気がいる行動です。
だけど観に行っちゃうような気がする。そして多分泣く(おいおい)。
その前に新しい声優陣の声に慣れておかないと。
年を取ると、新しい物事に対する順応性が低くなって困っちゃいますな。

という感じで、衝動買いでいくら使ったのか計算するのも
恐ろしい今日この頃ですが、
好きな音楽のある生活、プライスレスってことで
うやむやにしておきましょう。

それにしても、今年の全国ツアーのチケット、取れるんだろうか・・・。
(先行発売では抽選漏れでした。しくしく)
「Swing Journal」1月号を見てビル・エヴァンスの
「サンディ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」を購入。
サンディ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード+5(K2HD/紙ジャケット仕様)
Amazonでは2415円ですけど、
ショップで買ったら1500円くらいでした。安!

さらにジャズのコーナーをふらふらしていて見つけた
「ゲッツ/ジルベルト」も買ってしまう。
ゲッツ/ジルベルト
最近スタン・ゲッツのアルバムを聴いたばかりだったのと、
ボサノバにも興味があるので、
このアルバムの存在を知ったときはちょっと驚きました。
それにジョビンも参加してるんですねぇ。
ジャズの世界は何だかすごいや・・・。
40年くらい前に録音された作品なのに、
全く古さを感じさせない、
むしろとても新鮮味に溢れたアルバムです。

それからやっと見つけたキャンディ・ダルファーの
"Live at Montreux, 2002"
Live at Montreux, 2002
モントルー・ジャズ・フェス2002での
キャンディ・ダルファーのライヴを、以前テレビで見て
このパフォーマンスはCDにならんのか?と思っていたのですが、
去年の暮れになって唐突に発売されたので、買ってしまいました。
さすが、ノリノリです!
だけど、コレDVDを買ったほうがよかったかなぁとちょっと後悔。
映像付きのほうが、より楽しめるんじゃないかな。
ライヴ・アット・モントルー2002
久々に行った東京で買ってしまいました。
東京まで行ったんだから他に買うものがあるだろうに・・・。
ミスター・ビーン(1~3)
ミスター・ビーン Vol.1

ミスター・ビーン Vol.2

ミスター・ビーン Vol.3
なんと、今ならキャンペーン中で
お店で1枚980円で買えるんですよ~。
久しぶりに見たらやっぱり面白かったです。
ローワンさんの、ビーンになりきった演技がすごいな。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、年末年始というのは
何故か財布のヒモがゆるみがち。
私もこの年末年始のお休みは
物欲にストップがかからなくなり、
衝動買いを繰り返してしまいました。

私はストレスが溜まると、
無性にマンガを読みたくなる気質があるのです。
そこで買ってしまったのがこれ。
こうの史代さんの「ぴっぴら帳」(1)と(完結編)
ぴっぴら帳 1 (1)

ぴっぴら帳 (完結編)
ほのぼの4コマ。
これを読んだら、絶対小鳥を飼いたくなりますね。

冬野さほ「ツインクル」
ツインクル
冬野さほさんは、高野文子さんの「黄色い本」収録の
「cloudy wednesday」を読んで知った
作家さんなのですが、何でこんなにこどもの世界が分かるの!?
とびっくりさせられます。絵もかわいい。

それから、朝日新聞の書評を読んで気になっていたのと、
三浦しをんさんが「しをんのしおり」で絶賛していたので、
書店で探し回って買ったのが
豊田徹也「アンダーカレント」
アンダーカレント  アフタヌーンKCDX
正直、1度読んだだけではこの作品のスゴさが
イマイチ分からなかったんですが
何回か読むうちにじわじわときました!
深いです。
絵はあんまり好みじゃないけど・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。