--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/28/2006    二月も終わり
たまたま行ったヤ○ダ電機で棚に並んでいるのを発見。
発売日1日前にCDを手にすることの喜び♪
ボクノート(初回生産限定盤DVD付)
「ボクノート」相当いい曲です~。心あったか。
そして2曲目の「猫になれ」は大橋くんの声が近い!とても新鮮です。
DVDも楽しい☆クリプレありがとう^^
スポンサーサイト
02/28/2006    今日買ったCD
キャッチング・テイルズ(3ヶ月or5万枚限定特別価格)
ジェイミー・カラム「キャッチング・テイルズ」
今作は様々なタイプの曲が収録されていて、
1stアルバムとはまた違った趣があります。

ステイト・オブ・マインド(期間限定)
ラウル・ミドン「ステイト・オブ・マインド」
アルバム一枚聴いてる間鳥肌たちっぱなし。すごい、すごすぎる!

どちらも期間限定で1980円のお買い得。オススメです。
スキマスイッチのファンクラブに入ろうかどうしようか悩みながら
仕事から帰ってみると、"The Shikao Times"からハガキが来ていました。
何事かと思ってよくよく読んでみると・・・。
なんとスガシカオ公式ファンクラブが発足するそうですー!
青天の霹靂。
今までファンクラブがなかった理由が
「アーティスト側の意向」だったので、
ファンクラブはできないものと思っていたのです。
だからちょっと戸惑いの気持ちもあるのですが、
多分きっと入会しちゃうでしょう☆
でもそれに伴ってシカタイが最終号となるそうで、かなり寂しい。
個人的にはシカタイのような紙の会報は続けてほしいです。
今どきアナログ?
久しぶりにテレビでスガさんが観られる♪
(うちはスペシャ入ってないので)と思って
「あっぱれさんま大教授」にチャンネルを合わせたのですが・・・。
微妙。ビミョーすぎる。
RIKACOは本当にスガさんの曲が好きなのかしら???
何か知らないけど、かなり上から物を言ってるし・・・。
その方が番組的には面白みが出るかもしれないけど、
ファンとしては憤懣やるかたない内容だったのでした。あぁ。
(でもあれでスガさんの音楽に興味を持ってくれた人も
たくさんいると思います・・・本人のコメントがあったのが救いね)

さて、「ノルウェイの森」を読破できなかった高校時代から早10年、
久々に村上春樹さんの本を手にとりました。
意味がなければスイングはない
「意味がなければスイングはない」
だってずっと気になっていたスガシカオ論が収録されているから~♪
図書館に行ってもずっと貸し出し中で、
発売当初から気になっていたにもかかわらず
読むのが今ごろになってしまいました。

私は、今まで自分の言葉では説明しきれなかった
スガさんの曲のココがいいんだよ、というのが
こんなふうに明確な言葉で説明してもらえて、
そうそうそうなんだよ~!と頷きっぱなしでした。
「濡れた靴」が「まさにスガシカオ的な世界」(p.215)
という箇所にはかなり共感。
スガファンの方にはぜひ一度読んでみてもらいたいです^^
他の音楽家についての項も興味深い。

そういえば、ドラえもんの映画公開と共に
「ボクノート」の発売も近づき、
スキマスイッチのテレビ出演が続く今日この頃です。
久しぶりに「うたばん」を観ました。
おそらく大部分のファンが心配していると思われる
シンタくんの頭髪の問題を取り上げてくれて、ありがとううたばん!
そしてシンタくんの20年後・・・蛾次郎っすか!?
このオチ、笑えた。
02/25/2006    Twentysomething
エヴァーラスティング・ラヴ~ジェイミー・カラム完全版
日本でビュー当時からずっと気になっていた
ジェイミー・カラムのアルバムをようやく聴きました。
気になるアーティストがいてもCDを聴くのが
ついつい遅くなってしまうのが私の悪い癖。
このアルバム、すごくイイです。
ジャンルは一応ジャズってことですが、音はポップス寄りなので
普段ジャズを聴かない人でも気負わず聴くことができます。
先日いいともにゲストで来てましたね。
あの童顔に合わないハスキーな声、一度ぜひお試しください。
02/20/2006    ファイティングラブ
ファイティングラブ
車の運転中のトラブルで出会った男女が
ひょんなことから一夜をともにし、
次第に惹かれあっていく・・・というラブコメディ。

話はまぁ普通のラブコメですね。
香港のコメディらしく、ハチャメチャな家族も勢揃い。
トニーさんが二人の女性に惚れられた
優柔不断な男を好演してます。

でも何かが足りない・・・というか
観ていて「まだ終わらないの?」と何回か思ってしまいました。
単純なストーリーだけにもっと短い時間で仕上げた方が
(映画としては)すっきりしたんじゃないのかなぁ・・・。
★★☆☆☆
02/08/2006    PTU
PTU

ラム・シュー演じる刑事が
バナナの皮(!!!!!)で転倒し失神→拳銃を紛失
というところから始まる一夜の物語。

ストーリーに派手さはありませんが、
先の読めない展開に目が離せません。
何より夜の香港の街の撮り方が見事です。
街が主役といってもいいくらいのかっこよさ!
★★★☆☆
02/04/2006    東京膜
偶然「たまゆら透明少女」を読んで以来
気になっていた渡辺ペコさんの「東京膜」

東京膜
この単行本に収録されている作品では「たんの三兄妹」が良いです。
兄弟って子供の頃は「同じ家で生活を送っている」ということが
共通項として大きいのですが、
大人になって家を出ると、
それぞれが全く別の生活を送ることになりますが、
そこで生じる少しの疎遠感や、
離れて暮らしているからこそ持つことのできる優しさなんかが
上手く描かれているなと思いました。
かなり共感。

さて、スキマの新曲「ボクノート」の視聴しました。
インパクトのある感じではなかったけど、
なかなか良さそうですよ~。映画にも合ってそう。
「のび太の恐竜2006」のサイトでスキマのコメントも見られます。
てか、大橋くん1回しか観にいかないのかよ!

劇団ひとりも出るんだ・・・すごいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。