--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/15/2007    OLはえらい&すーちゃん
OLと呼ばれる職業(特に一般職の事務)に就いている方には
是非とも読んで欲しい一冊「OLはえらい」。

作者の益田ミリさんは
6年間ほど実際にOL生活を送っていた時期があるそうで
この本に描かれていることはかなりリアルです!

OLはえらい OLはえらい
益田 ミリ (2006/10)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


会社と家の往復で終わっていく毎日。

今の仕事に不満があるわけじゃないけど
一生この仕事を続けていけるのか?

新入社員の男子が次第にふてぶてしくなっていく。

同僚と夕食を食べにいくことになって真っ先に連絡するのは
お母さん。「今日晩ご飯いらないからー」。

何だかんだ言いつつも楽しみな社員旅行。

数百円をケチったせいで最後まで残っている会社へのお土産
(これってかなり恥ずかしいですよね・・・)。

などなど、あるある!とうなずいてしまうネタ満載です。
特に趣味もないし、彼氏もいないし、けっこういい年だし
将来のこと考えると何となく不安だけど
そんな毎日にもちょっとした幸せはあるもんだなーと
気づかせてくれたりもする、ちょっといい本です。

同じく益田ミリさんの「すーちゃん」。

すーちゃん すーちゃん
益田 ミリ (2006/04)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


私自身も、このままの自分じゃいかんよなーと思っている時に
ちょうどこの本に出会って、少し気持ちが軽くなりました。
一種の自分探し本なんだけど、
変わらなきゃと焦る自分を、一方では冷静に捉えているので
読んでいてこちらもそんなに焦る必要ないのかなぁと思えてくる。

もちろんこの2冊を読んだからといって
この先の人生に対する不安とかそういったものが
スッキリ解消するわけではないけど、
多少気が楽になったりもするので、今の自分について
悩みを抱えている人にはおススメです。

益田ミリの47都道府県ひとりで行ってみよう
↑ゆるい旅行記だなー。私もひとり旅したい・・・。
有名っぽい映画30本ノックもおもしろいですよ~。
スポンサーサイト
04/08/2007    Mr.Bean's Holiday
ミスタービーンが10年ぶりに映画に登場するそうです~!

詳しくはAll About

Mr Bean's Holiday Activity and Sticker Book
Bloomsbury Chilldren's
Bloomsbury Pub Plc USA (2007/09/30)


Mr.Bean's Holiday OFFICIAL SITE
オフィシャルサイトを見てきましたが、
あのネクタイネタや、旅の途中で子供をかまったりなど
ファンには嬉しいシーンも盛り込まれている様子です。
ゲームもあったので、ついムキになってやってしまいました
日本でも早く公開して欲しい~!

そういえば私ミスタービーンのレターセット持ってたけど
なかなか使い道ないんだよなアレ
04/08/2007    フルタイム・キラー
あまり期待せずに観ましたが、意外と面白かった。
てゆうか君たち人殺しを堂々としすぎですから!

フルタイム・キラー フルタイム・キラー
アンディ・ラウ (2004/06/16)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


アンディはオーバーアクションだし
泡は吹くし、の奇ッ怪な殺し屋トクを怪演しております。
さらに、かなりの量の日本語のセリフまでこなしてます。
はっきり言って聞き取りづらいんですけどね
反町の話し方も、負けず劣らず聞き取りづらい

主役の二人だけでなく、彼らを追う刑事や
二人に深く関わることになる平凡な女性にも
焦点を当てているので、話に広がりが出ていると思います。
このジャケは詐欺ではなかろうか
中身と違いすぎて笑っちゃう。

インファナル・デイズ~逆転人生~ インファナル・デイズ~逆転人生~
アンソニー・ウォン、アンディ・ラウ 他 (2005/12/09)
タキコーポレーション

この商品の詳細を見る

特にアンディのハチャメチャ振りが笑えました。
そして何より
アンソニー・ウォンの姿にかなりの衝撃を受けました
04/06/2007    柔道龍虎房
えーと。
柔道ってこんなスポーツでしたっけ?

柔道龍虎房 柔道龍虎房
ルイス・クー (2006/09/22)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る


と思いつつも、なかなか面白かったです。
「姿三四郎」の歌で始まる冒頭から
何故その場所で・・・って感じのラストまで
度肝を抜かれっぱなしで。
特に酒場での乱闘のシーンは、
ほんとによくやるよなーと感心してしまいました。

タイトルからして男臭い映画かなぁと思ってたけど
歌手デビューを夢見る女の子が登場したり、
青春映画のテイストもあるし、結構バランスのいい作品かも。

おバカな私はメイキングを観るまで
シト・ボウが柔道を辞めた理由に気づかなかったけど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。