--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほんっっっとに今回のFUNK FIRE はチケットが取れませんでした!
というかFCの先行予約に申し込みを忘れていた私がバカ・・・。

なのできっぱり諦めようと思っていたのですが、幸運なことに参加できることになったので
またしても半休して上京。

だ・け・ど!
FUNCAHOLIC仙台公演から中2日だなんて・・・よもやの公演中止か!?と
最悪の事態も想定しつつ一体何度オフィシャルHPをチェックしたことか。
無事決行とのことで一安心。
それにしてもあんな体調不良から、たった2日で、しかもFUNK FIRE・・・本当に歌えるのかよ
シカオさん・・・と、実際に開演するまでは心配で心配でたまりませんでした。

さて、AXは入場の順番が割りとラフで
(一度に呼ばれる整理番号 ○番~△番の間隔がやけに長い上に、整理番号順に並ぶ必要がない)
どんどん進むので、うかうかしていると自分の整理番号はとっくに過ぎてた!
なんてことになりかねません。以後気をつけよう自分。

それでも、意外にも中央より前に位置をキープできました。
(義人さん側

そして開演。
ステージに現れたスガさんは声こそ少し枯れているものの、思ったより元気そう。
歌声も最初の数曲では、「やっぱり無理してるのかな?」と感じてしまう部分も
あったのですが、次第にそれがなくなり、結果的には物凄いライブになったのでした!
何ていうか、バンドとお客さんの本気のぶつかり合い、というか、
そこから生まれる熱気がもう半端じゃなくて。

先日の仙台公演でもそうだったんだけど、
スガさんの体調不良によって、逆にあの場に居た全員が
今日は絶対最高のライブにしよう!というアツイ気持ちになったんだと思います。
10周年の武道館を思い出すよ・・・。
まさに、ピンチはチャンスです。

そうそう、"GO!GO!"から始まったワシントン・GO-GO・ファンクスタイルでの演奏が
めちゃくちゃかっこよかったです。
実際は3時間くらい同じリズムでプレイする音楽らしい。

病み上がりで万全なコンディションではなかっただろうに、
素晴らしいステージをありがとうスガさん・・・

至福の2時間でございました。
ほんと、このために仕事してるって感じだよなー。
スポンサーサイト
今回はかねてよりスガさんのコンサートに同行したがっていた母(50代)と
仙台公演へ行って参りました。
経費節減のため車で移動。雪が降るかもしれないので一泊することにしました。

なのにこんなことになろうとは・・・。

仙台サンプラザ、初めて行ったんですが、少し変わった作りのホールのような気が。
ホールの床って大抵傾斜があると思うんですが、その傾斜がゆるいなーと感じました。
あくまで私の感覚でですが。あと、思っていたより小さめのホールでした。

開演時間の18:30になってもなかなか始まらないので
隣の席の方とやきもきして待ってました。
ようやくスガさんが登場。と思いきや、何か声枯れてないか!?

スガさん咳風邪をもらってしまったんだそうです。
冒頭から「声が出なくなった時点で多分公演途中で中止になると思うんで。。。
振り替え公演のお知らせをちゃんとしますんで、
最後まで帰らないで下さい!」と話すスガさんにお客さんもびっくり。。。

一瞬、またまたスガさん、大袈裟な!と思ってしまったんですが、
実際ステージが進むにつれ、スガさんの声はどんどん出なくなって行って・・・。

それに反比例するように、客席は物凄い盛り上がり。
きっと皆、必死に声を出そうとするスガさんと
それをフォローするバンドメンバーの姿に応えたかったんだ思う。

結局そのまま1時間(!)も歌ってくれたスガさん。
最後はほとんど声も出なくなってしまって・・・。
この日を楽しみにしていた皆、遠方からのファンに申し訳なくて、
少しでもパフォーマンスを・・・という気持ちだったんだと思う。
その気持ち、痛いほど伝わってきたよ。

081213_1947~001
結局振り替えに。

振り替え公演が水曜日になってしまったので、不満の声も多かったですが、
(いや、やっぱり地元じゃない人も多いわけだから、
平日ってのは正直ツライものがあるんですよねぇ)
案内のアナウンスが終わると、皆おとなしく会場を後にしていたので
スガマニアは大人ばかりだなーと感心いたしました。

それにしても公演中止ってやりきれないなー。
(遅くなるからと思ってホテル予約してたのに・・・
日帰りできたなー・・・しくしく・・・←もっと大人になれ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。