--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/02/2006    月とキャベツ
人気ミュージシャンだった花火は
創作意欲を失い、田舎暮らしをしている。
そんな彼の日常に突然現れた少女、ヒバナ。
いつしか二人は、同じ時間を共にすごすことになり・・・。

月とキャベツ
月とキャベツ
posted with amazlet on 06.08.03
ジーダス (2001/03/23)
売り上げランキング: 5,988


山崎版「8月のクリスマス」を見たくてレンタルしに行くも
貸し出し中だったので、こちらを借りてきました。
話はとっっってもありがちなラブストーリーですが、
まさやんの存在がこの作品を忘れがたいものとさせています。
作中に流れるギターの音色も温かくて、切ない。
花火とヒバナの別れのシーンは
それまでがおとぎ話のような映像だったのに対して
妙にリアルでドキドキしてしまいました・・・。
(特典映像の監督インタビューにもあったけどまさに見所。
かなり力を注いで撮ったシーンだなというのが
見てて分かる・・・)
花火のバンド時代の映像にチラッと出てたのって
田中要次さん?ほんとよく出てるなァ。
★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://turezurenote.blog15.fc2.com/tb.php/99-f75fbb8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。